セルノート 発がん性

セルノートは発がん性物質が入ってる?乳がんになった人の口コミ

 

セルノート発がん性

 

セルノートは累計10万本以上売れている人気のバストアップジェルです。

 

そして、使った人の96パーセントが満足しており、口コミの評価も極めて高いです。

 

そんなセルノートですが、発がん性物質が入っていて使うと乳がんになるんじゃないのかという黒い噂が流れています。

 

そのことについて私が調べたことをご紹介します。

 

セルノートに発がん性物質は入っているのか?

 

発がん性物質とは、がんを誘発するか、その発生率を増加させる化学物質です。

 

具体的に言うと

 

  • 亜硝酸Na
  • 合成甘味料
  • タール色素
  • カラメル色素
  • 防カビ剤
  • 安息香酸Na
  • BHA、BHT
  • サッカリンNa

 

といった成分が発がん性物質と言われています。

 

いわゆる食品添加物などに入っている成分で、あくまで可能性があるというレベルです。

 

そして、セルノートの成分はこちらです。

 

水・BG・グリセリン・ペンチレングリコール・水添ポリソイプテン・ハナスゲ根エキス・加水分解水添デンプン・グリコシルトレハロース・水溶性プロテオグリカン・ビルベリー葉エキス・クズ根エキス・アロエベラ葉エキス・クロレラエキス・アセチルヘキサペプチド-38・ダイズ種子エキス・ディオスコレアピロサ根エキス・ザクロ果実エキス・水溶性コラーゲン・水添レシチン・トコフェロール(アクリル酸Na/アクリロイジルメチルタウンNa)・コポリマー・イソヘキサデカン・ボリソルベート80・ヘキシルデカノール・フェノキシエタノール

 

何度も確認しましたが、セルノートに発がん性物質は入っていませんでした。

 

誰がこんなうわさを流したのかわかりませんが、セルノートは医薬部外品なので厚生労働省の認可を受けています。

 

しかも、国内の化粧品工場で厳しい品質管理のもと製造されている商品だし、今まで10万人以上の人が使っています。

 

それに現在セルノートには200以上の口コミが投稿されていますが、発がん性物質のことや乳がんのことは一切書かれていません。

 

もし、発がん性物質が入っていたら製造中止になって販売していないでしょう。

 

ただ、色々調べるうちになぜセルノートに発がん性物質が入っているなんて根も葉もないうわさが流れたのか判明しました。

 

セルノートのプエラリアは乳がんの原因になる?噂の真相

 

これは最近ニュースになったので知ってる方もいるかもしれませんが、プエラリアを配合したサプリを飲んで副作用がでたという報道がされました。

 

美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品 −若い女性に危害が多発!安易な摂取は控えましょう−

 

ソースは国民生活センターなので間違いありません。

 

そして、セルノートにはプエラリアミリフィカが配合されています。

 

おそらくセルノートを使おうか検討中の方や実際に使っている方が心配になってネット検索したのが情報の出どころかと思われます。

 

ただ、これはあくまで口から摂取するサプリなどの健康食品の話でセルノートは体に塗る商品なので何ら危険性はありません。

 

プエラリアミリフィカはマメ科の植物成分ですから、セルノートを使って乳がんになることはあり得ません。

 

どうしても心配な方はセルノートを使わなければ良いだけのことです。

 

セルノートに副作用はあるの?

 

セルノートは体に塗る商品なので、副作用の心配はありません。

 

ただ、生理中の方や授乳中、妊娠中の方は使わないほうがいいです。

 

というのもプエラリアミリフィカは女性ホルモンの分泌を活性化する効果があるからです。

 

生理中や妊娠中はホルモンバランスが不安定なので、セルノートを使うと余計にホルモンバランスが乱れてしまいます。

 

そして、授乳中は赤ちゃんが口に含む危険性があるので、やっぱり使用は控えたほうがいいです。

 

セルノート 口コミ